代表ご挨拶


パパ
この度は凡トアロード店のホームページをご覧頂き、誠にありがとうございます。

皆様は、お好み焼きを食べたいと思った時、どんなお好み焼きを食べたいと思われますか?

「子供の頃に食べたお好み焼きがおいしかった」

 という方もいるでしょう。一昔前のお好み焼きは、生地も硬めに焼いてシンプルに具だけという物が大半でした。昔懐かしいお好み焼きも、確かにおいしくて食べたくなる事があります。

しかし当店のお好み焼きは、当初は常識では考えられない組み合わせが多く作られました。例えばすじ焼にはじゃがいもが入っています。

「スジ焼きにじゃがいもexclamation&question

 とびっくりされながらも、今では定着し当店の人気メニューの一つです。すじ焼は前社長が考えたものですが、私に凡トアロード店を譲り渡された時から、このアイデアへの挑戦は始まっています。そして、おいしさへの挑戦も始まりました。生地も柔らかめの生地で、一昔前のお好み焼きとは違います。さらにおいしさを求めて少しづつ改良もしました。この15年間試行錯誤を繰り返し、味も焼き方も変わってきました。スジの炊き方一つも先代の社長から教わったものから進化しています。

そして新メニュー。「とんとろしそチーズ」は今では人気NO.1のお好み焼きですが、当初はやはり

「お好み焼きにとんとろexclamation&question

 という声がたくさんありました。これを乗り越えて皆さんから

「おいしいexclamation

 という声が聞こえてきた時の嬉しさは、この上ないものです。もちろん失敗したメニューは数知れません。それでもメニューは常に新しいものへ、そして更においしいものへ、という思いは変わりません。

お客様から味の事で、指摘を受ける事も数多くありました。それを乗り越えた時、さらにおいしいメニューが誕生します。この15年間、凡トアロード店が大きく成長出来たのはお客様のおかげだと深く感謝しています。そしてたくさんのアイデアを出してくれたスタッフが支えてくれました。

まだまだ至らない事もたくさんありますが、お客様に笑顔で帰って頂けるように、凡トアロード店はこれからも進化し続けたい、挑戦し続けたいと強く願います。

初めて凡トアロード店にご来店頂きましたお客様には、ふわとろ食感の美味しいお好み焼きを食べて頂き、初めての感動を感じてもらえれば大変嬉しく思います。

そしてこの15年間、暖かい目で見守って下さったお客様には心からお礼申し上げます。

凡トアロード店代表

                                        福田 光明

▲このページのトップに戻る